塩害地域での土間コンクリート劣化対策

塩害地域の土間コンクリート
「塩害対策のMCタイト・ファイン」

塩害地域の劣化対策
土間コンクリートの場合

海岸から1Km以内のお宅の車庫前、土間コンクリートに、
MCタイト・MCファインを施工いたしました。

施工後の様子

今回施工前の状況のカットを撮り忘れてしまいまして、
比較カットはないのですがご了承ください。
塩害地域ではコンクリート内部の鉄筋の劣化が早まり、
通常よりも速いスピードで劣化が進行してしまいます。

塩害による劣化を防ぐには

これは劣化因子(イオンの話などになりますので割愛)を
土間コンクリートの内部に侵入させないことが必要になってきます。
MCタイト・MCファインはコンクリートの微細な隙間を埋めることで、
水分をはじめとする劣化因子を内部に取り込まないようにします。

塗装ではなくコンクリートにMCタイト・ファインを染み込ませることで
効果を出しています。塗膜保護も悪くわないのですが、
塗膜が剥がれてくると結局その箇所から劣化が進み、
果ては内部がボロボロになっていくことになります。
※塗膜保護を数年毎にやりかえていけばその問題は少なくなります。

施工後の様子を拡大 水をまいても浸透していない様子が分かります。

コンクリート内部への侵入を防ぐことが叶えば、
経年劣化を大幅に遅らせることができ、
長期間美観を保持することが可能になります。

塩害地域土間コンクリート美観の保持

これまで、塩害地域においては大規模な公共工事等で
行われてきた塩害対策を、田中機販では一般のご家庭の駐車場、
舗装路、土間コンクリートに施工しております。
塩害地域だからと諦めずに、
是非一度ご相談下さい。

コンクリート外壁の劣化を考える(街中編1)

石のコケ・黒カビ対策 

PAGE TOP