大谷石の外壁修繕について

こちらは弊社防水・遮水材の性能評価のために使用している、
大谷石の水の染み込み実験キットです。

大谷石の老朽化

軽量で、柔らかいため加工がしやすく、建築のあらゆるシーンで採用されてきた大谷石。昭和40年代に最も多く流通しており、住宅の外壁として使用されています。現在でも住宅地を通れば様々な外壁が見受けられますが、年月を経た大谷石はチリやホコリ、雨風の水分との兼ね合いで著しく老朽化した外壁も存在しています。

外壁の修繕

田中機販建築部門では経年劣化した大谷石を中から改善(改質)し元気な元の姿に戻す工法を採用し、東京23区の大谷石外壁を修繕しております。

夏には大谷石の外壁修繕のキャンペーンも始まりますので、こうご期待ください。

ちなみにこういった外壁が

こうなります。お気づきでしょうか、地面は濡れていますが壁は濡れて見えない(水分が浸透していない)、、。

工法についてのお問い合わせはこちらまでお問い合わせください。

PAGE TOP